TOP  >  3つの安心システム  >  信頼のプロフェッショナル

東京メガネの専門家は、
「あなたにとって」の最適を見つける専門家です。


いいメガネはたくさんあっても、
あなたにとって最適なメガネは世界でひとつしかありません。
最適なメガネのためには、適切な視力測定、使用目的やライフスタイルにあったレンズ選定、
フレーム選び、フィッティング調整、レンズレイアウトなど
専門的で複雑な技術が必要となります。
そのスペシャリストが、認定眼鏡士。
東京メガネでも多くの社員がこの資格を取得しています。

認定眼鏡士

「認定眼鏡士」とは、眼鏡専門学校で眼鏡学や眼鏡技術を習得し認定試験を合格した者にのみ、その資格が与えられるメガネの専門家。新設計レンズや新素材フレームの登場、パソコンによる疲れ目やドライアイなど生活習慣の変化などに対応するため、資格有効期間は3年間のみとなり、資格維持のためには生涯にわたり教育を受講する必要がある厳しい資格です。

業界内認定資格

業界最高レベルの有資格者数 眼鏡学校卒業生(認定眼鏡士資格取得)

厚生労働省認可:公益社団法人日本眼鏡技術者協会認定
認定眼鏡士 全店舗に在籍


「聴こえ」の状況は、ライフスタイルや環境によって、
一人ひとり大きく異なります。
それぞれの状況に応じた最適な補聴器の提案と継続的なサポートケアのためには
専門的な知識と技術が求められます。東京メガネのスタッフは、
メガネのみならず、補聴器の専門家でもあります。

認定補聴器技能者

認定補聴器技能者は、厚生労働省の指定法人である公益財団法人テクノエイド協会が、補聴器業界と関係医学界の協力を得て認定する資格。補聴器の専門教育や様々な講習会、耳鼻咽喉科専門医の指導を受けながら、5年間の補聴器販売実務を経て、十分なケアができると認められたスタッフのみが受験できる資格試験です。また、耳に関する医学的知識も必要なため、耳鼻咽喉科の専門医との連携を持っています。

業界内認定資格

補聴器専門教育(認定補聴器技能者取得)

公益財団法人テクノエイド協会認定
認定補聴器技能者 全国20店舗以上に在籍

認定補聴器専門店

公益財団法人テクノエイド協会による厳正な書類審査及び現地調査を受け、認定審査基準をクリアしたお店です。なお、認定補聴器専門店は5年毎に認定時と同様の厳正な更新審査を受けることが義務づけられています。

認定審査基準


公益財団法人テクノエイド協会による
厳正な書類審査および現地調査を受け、認定審査基準をクリアすること。
5年毎に認定時と同様の厳正な更新審査を受けること。


“認定補聴器技能者”が常時従事していること。


難聴者の多様なニーズに対応できる補聴器の機種を充分に備え、
そのメンテナンスに応じられること。
関係医療機関と密接な連携が取れていること。