スポーツビジョン事業部 スポーツ科学の知見からアスリート、すべての生活者の視機能向上をサポートします。
スポーツビジョン事業部 次世代ビジョントレーニングプログラムVトレーニング
STORY ROLE&PROJECT NEWS
STORY~当事業部の意思・決意~
アメリカで誕生した「スポーツビジョン」。日本国内での振興をめざす。
「スポーツビジョン」とは、アメリカで始まった「スポーツと視覚および視覚器に関する研究」の総称として用いられる言葉です。
メガネの小売業を通じて、“すべての人々のビジョンケアの担い手”となることをめざす当社にて、1986年にアメリカにおけるスポーツビジョン研究の拠点ともいうべき「米国オプトメトリック協会」(A.O.A.)の研究者、フィリップ・スミス氏を当時の社長 白山晰也が招き、当社主催による「スポーツビジョン講演」を開催しました。これが日本におけるスポーツビジョンの誕生といわれています。
アメリカで誕生した「スポーツビジョン」。日本国内での振興をめざす。
国内の研究拠点発足。スポーツ科学の知見によるビジョンケアを。
1988年にはスポーツビジョン研究会が発足。同研究会設立後も当社はその活動をサポートし、同研究会はその代表を務めるスポーツドクター・真下一策氏を中心にスポーツビジョンの臨床実績を着実に積み上げました。設立から30年の時を経て、2017年6月、一般社団法人スポーツビジョン研究会として新たなスタートを切りました。また、2018年1月には一般社団法人 日本スポーツビジョン協会と改称しました。
当社 S V(スポーツビジョン)事業部では、これまで同様これからも、同協会と協働しながら、スポーツ科学の知見を活かしたビジョンケアに取り組んでまいります。
国内の研究拠点発足。スポーツ科学の知見によるビジョンケアを。
スポーツビジョン4つのテーマ
「一般社団法人 日本スポーツビジョン協会」のホームページはこちらをご覧ください。
STORY ROLE&PROJECT NEWS
ROLE&PROJECT~事業内容~
スポーツビジョン研究30年の結晶。「Vトレーニング」の開発
スポーツビジョン研究30年の結晶。「Vトレーニング」の開発
(一社)日本スポーツビジョン協会による研究成果を活用した次世代ビジョントレーニングシステムを開発。
同協会の監修を受け、
当社より「V-Training(Vトレーニング)」を2017年夏に発売いたしました。

「Vトレーニング」はスポーツビジョンの考えに基づく各項目(下表参照)の測定およびトレーニングが行えます。
大型タッチモニターと電動昇降式スタンドで構成される機器で、
この一台でさまざまな「視る力」のトレーニングができます。
1回のチャレンジでもトレーニング効果はありますが、
定期的に試すことで、より大きなトレーニング効果が期待できます。
当初はアスリート向けに開発されたプログラムでしたが、
難易度を変え、一般生活者が活用できるメニューも搭載しました。
さまざまな「視る力」を測定「Vトレーニング」で測定できる項目例
「Vトレーニング」の詳細は以下をご覧ください。
「Vトレーニング」特設サイト
スポーツビジョンの知恵を「Quality Of Vision」に活かす――競技者から一般生活者まで幅広い対象をさまざまな場面でサポート
当事業部は、日本スポーツビジョン協会との協働により、スポーツビジョンの研究成果を
人々の「Quality Of Vision(クオリティ・オブ・ビジョン)」に活かすための
さまざまなサポート・サービスを実施しています。

スポーツビジョンは本来、アスリートを対象にした科学ですが、
その研究成果は、ゴールデンエイジと言われる子どもたち、
さらに、アンチエイジングを図りたい高齢者の視覚・視機能の向上・維持にも活用できます。

日本スポーツビジョン協会との連携を通じ、
皆さまの「Quality Of Vision」に役立てていただけるような
新たなサービスの開発を今後も続けてまいります。
一般生活者を対象にしたスポーツビジョンの活用
Bリーグ「アースフレンズ東京Z」を支援
STORY ROLE&PROJECT NEWS
スポーツビジネス産業展で「V-Training(Vトレーニング)」をご紹介します!
2018年2月21日(水)〜23日(金)に幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催される「第1回スポーツビジネス産業展」に、出展いたします。同展への入場は招待券が必要です。招待券をご希望の方は以下までご連絡ください。
トレーニングの詳細、ご購入に関するお問合せ等も以下までお願いいたします。

「第1回 スポーツビジネス産業展」の詳細は以下をご覧ください
生地(プラスチック素材)選び
(株)東京メガネ S V(スポーツビジョン)事業部
TEL:03-6821-6106
(月~金/10:00~18:00/土日・祝日 休)
Eメール: info@v-training.jp
「Vトレーニング」の詳細は以下をご覧ください。
「Vトレーニング」特設サイト