東京メガネ スポーツビジョン事業部

TEL03-6821-6106

東京メガネはスポーツビジョン事業を通じて世界の人々の生活視機能向上をサポートします。

1970年代の後半からアメリカにおいて「スポーツと視覚」の研究が盛んになり、1978年にAOA(AmericanOptometricAssociation)の組織の中に「SportsVisionSection」が作られ、スポーツと視覚に関する本格的な研究が開始されました。 1986年に東京メガネ前社長の白山晰也がAOAからフィリップ・スミス氏を招き、スポーツビジョンの講演をしたことが、日本のスポーツビジョンの始まりです。

その後、1988年に日本で「スポーツビジョン研究会(Japan Sports Vision Academy)」が設立され、研究を開始されました。 研究の結果、現在は8項目の測定で分析されています。

①静止視力 ②KVA動体視力 ③コントラスト感度 ④深視力 ⑤瞬間視
⑥DVA動体視力 ⑦眼球運動 ⑧眼と手の協応動作

スポーツビジョン研究会で測定・分析したスポーツ選手は3000名を超え、研究の結果、視覚の能力には個人差があり、競技力の優秀な選手は優秀な視覚を持つことが分かり、競技種目によって必要な視機能に差があることも分かったと発表されました。

今後もスポーツビジョン研究会と連携し、スポーツ選手を視覚からバックアップし、そのノウハウを世界中の人々のより良い視生活のサポートとなるように発展させていきます。

東京メガネは現アスリートはもちろん未来のアスリートも、そして世界中の人々の生活における視機能向上を「スポーツビジョン」事業を通じてサポートします。

アースフレンズ東京Z

東京メガネスポーツビジョン事業はB.LEAGUE アースフレンズ東京Zを応援しています。

東京メガネスポーツビジョン事業部は、アースフレンズ東京Zとオフィシャルパートナー契約をしています。

スポーツビジョン測定、ビジュアルトレーニング等、視覚から選手の活躍をバックアップします。