おすすめコンテンツ メガネ

おすすめコンテンツ
メガネ

おすすめコンテンツ
TOP  >  おすすめコンテンツ

メガネ

No.4

遠近両用メガネ Q&A

Q1遠近両用メガネは、どれも(どこで買っても)同じですか?

A当社が仕立てる遠近両用メガネは、視力測定担当者、加工担当者など、メガネのプロが技と時間をかけ、お客様一人ひとりにぴったりと合った快適なメガネに仕立て上げるオーダーメイド製品です。快適な遠近両用ライフのためには、技術と経験、知識が豊富な認定眼鏡士やプロの販売員が常駐するお店(日本眼鏡販売店連合会認定店)で眼鏡を作ることをおすすめします。

more advice

遠近両用メガネについて、お客様に解りやすく説明するためには、眼鏡専門学校を修了して認定眼鏡士の資格を得たプロフェッショナルと、認定眼鏡士のもとで徹底的に個別指導されて勉強を重ねた、遠近両用メガネの知識と技術に長けたスタッフが不可欠です。

Q2遠近両用メガネは、いわゆる普通の近視用のメガネとどんな違いがありますか?

A遠近両用メガネレンズは、遠くを見る部分と近くを見る部分が複雑に配置されていて、そこが単焦点レンズ(いわゆる普通の近視用レンズや遠視用レンズ)と異なります。遠近両用メガネ1本で、遠くも近くも快適に見えるため、メガネを掛け替えるわずらわしさがなく、その利便性も魅力といえるでしょう。

Q3遠近両用メガネレンズの種類はたくさんあるのですか? またどのように選べばよいですか?

A複数のメーカーから数多くの種類が発売されており、製品ごとに仕様や機能に特徴があります。専門知識・技術のある販売員であれば、お客様のメガネを使用する環境や、メガネ装用歴などもお聞きすることで、最適なレンズをご提案します。また、遠近両用メガネレンズをお客様にご提案するには、レンズの中心(オプティカルポイント)と、目の中心(アイポイント)位置の正確な計測技術、また計測結果に基づくレイアウトなど、より高度な技術が必要になります。さらに、メガネの掛け位置を精確に調整し、顔にフィットさせる「フィッティング」の技術も求められます。快適に使える遠近両用メガネを希望されるなら、まずは、信頼できる専門技術を修得したメガネ店スタッフに相談してみてください。

Q4目の位置(アイポイント)が合っていれば快適ですか?

A遠近両用メガネの性能を最大限に引き出すためには、メガネと目の距離(角膜頂点距離)や、眼鏡レンズの傾斜角(前傾角)など、メガネの掛け位置を精確に調整して顔にフィットさせることもとても重要になります。

Q5メンテナンスは必要ですか?

Aメガネの片手での掛け外しなどで、メガネの掛け位置がずれてしまうと違和感が生じることがあります。常に快適に使用するためには、1ヶ月点検、半年点検などの定期点検でメガネの歪みやズレを修正し、またきれいに磨くなどの手入れが必要です。当社はご購入後5年にわたる安心のアフターケア「メガネあんしんサポート」を提供しております。

more advice

使用し始めて1週間後の点検が重要です。丁寧に時間をかけて作製したメガネでも、完成後、使用感の点検なしには十分にその性能を発揮できません。実際にお使いいただいてから、再度、点検してください。