おすすめコンテンツ メガネ

累進帯の長さとは?

TOP  >  おすすめコンテンツ  >  累進帯の長さとは?

メガネ

No.7

累進帯(るいしんたい)の長さとは?

累進帯の長さとは、遠用から近用へ度数が切り替わる距離のことです。

累進帯の長さイメージ図 累進帯の長さイメージ図

<累進帯が長い>

  • 緩やかな変化で疲れにくい
  • 遠用から近用ポイントまで目の移動距離が大きい
  • 大きいレンズで広い視野を確保
  • 中間距離も楽に見える

<累進帯が短い>

  • 変化が急激なため歪みを感じやすい
  • 遠用から近用ポイントまで目の移動距離が小さい
  • 小さいレンズデザインでも使用可能
  • 中間距離の視野が狭い

東京メガネでは、レンズ選びからフィッティングまで、快適な遠近両用メガネをお仕立てするために、とことんこだわります。
ぜひお近くの店舗までご相談ください。